イベント概要
日時 2017年3月24日 (金)18:30~20:00
※開場・受付は18:00から

本イベントは終了しました。
会場 ジャパンタイムズ ニフコホール(東京・田町)
地図を見る
定員 会場参加60名、オンライン参加290名
※要予約。定員になり次第締切ります。
参加費 会場参加 500円
オンライン参加 300円
支払方法 申込み時にオンライン・クレジットカード決済を行ってください。
※クレジットカード決済の完了をもって申込み成立し、その場でお席を確保します。
お問合せ 0800-111-1111
平日10時~21時・土日祝10時~19時



IoTが変えるメディアと英語教育 ~How the Internet of Things is changing Media and Education~
英会話イーオンとジャパンタイムズの共催イベントは今回で5回目。両社は「メディア」と「教育」のように形は違えど、ともに「英語」を取り扱うという共通項があり、これまでにも様々なコラボレーションを実現してまいりました。近年のIT革新は、我々の生活スタイルだけでなく企業ビジネスの形態をも大きく変えています。 今回テーマとした「IoT(Internet of Things)」の発展は目覚ましく、自動翻訳機、AI搭載型ロボットによるタスク対話、Virtual Realityにおける疑似体験は、既に商用フェーズ、実用フェーズに入っています。こうした時に必ず謳われる「英語不要論」「英語学習不要論」。本セミナーを通して、参加される皆様とともに、IoTと英語、IoTとメディアの未来像について、考える一助となることを願っています。


タイムスケジュール
18:25

開会挨拶
堤丈晴 株式会社ジャパンタイムズ 代表取締役社長
18:30

基調講演 「IoTの進化がもたらす影響 –これからの時代に必要な学び-」
伊能美和子 株式会社ドコモgacco 代表取締役社長
19:10

休憩
19:20

パネルディスカッション
登壇者
 三宅義和  株式会社イーオン 代表取締役社長
 堤丈晴   株式会社ジャパンタイムズ 代表取締役社長
 伊能美和子 株式会社ドコモgacco 代表取締役社長
モデレーター
 大門小百合 株式会社ジャパンタイムズ 編集執行役員
19:20

トピック1:IoTの進化で変わる生活 -新聞は今後、どのように読まれるのか-
WEBニュース、キュレーションメディアなどが台頭する中、「新聞」がもつプレステージとはなにか、ニュースバリューとは何かを考えます。
19:30

トピック2:IoTの進化で変わる英語教育 –英会話は今後、どのように学ばれるのか-
ICT教育推進が叫ばれる中、IT技術とどのように共存するのか、また、「スクール」で学ぶことの意味や、役割について考えます。
19:40

トピック3:IoTとともに歩む未来の理想像とは何か
IoTはどこまで進化するのかをふまえ、それとともに私たちはどのように生活や教育の在り方を捉えたらよいのかをまとめます。
19:50

質疑応答
会場参加者、オンライン参加者からご質問を受け付けます。
20:00

終了
伊能 美和子(イヨクミワコ)
株式会社ドコモgacco 代表取締役社長

NTTグループにて新規事業開発に長年携わる。音楽著作権処理プラットフォームの導入、デジタルサイネージ市場開発に従事した後、ABC Cooking Studioとの資本提携、日本初のMOOCサービス「gacco」の立ち上げを先導し、2015年からはドコモgaccoの社長として最前線で指揮を執る。
三宅 義和(ミヤケ ヨシカズ)
株式会社イーオン 代表取締役社長

85年イーオン入社。人事、社員研修、企業研修などに携わる。その後、教育企画部長、総務部長、イーオン・イースト・ジャパン社長を経て、2014年イーオン社長就任。一般社団法人 全国外国語教育振興協会元理事、NPO 小学校英語指導者認定協議会理事。趣味は、読書、英語音読、ピアノ、心身統一合氣道。
堤 丈晴(ツツミ タケハル)
株式会社ジャパンタイムズ 代表取締役社長

88年ジャパンタイムズ入社。人事、販売などに携わる。その後、取締役販売局長、取締役労務担当兼管理局長兼CRM室長兼関連事業室長、取締営業担当兼クロスメディア局長を経て、2012年に代表取締役就任。一般社団法人 共同通信社監事、IAA国際広告協会副会長。
大門 小百合(ダイモン サユリ)
株式会社ジャパンタイムズ 執行役員 編集担当

91年ジャパンタイムズ入社。報道部記者として政治、経済、産業を担当。その後、編集局報道部部長、編集局局次長を経て、2013年執行役員就任。日本外国特派員協会会員。著書「The Japan Times 報道デスク発グローバル社会を生きる女性のための情報力」、「ハーバードで語られる世界戦略」





© AEON